« October 2005 | Main | December 2005 »

漆画日記 11/19

東京駅ステーションギャラリーで
「ベトナム近代絵画展」を見てきました。

betonamukaigatenn
「ベトナム近代絵画展」

1930年ごろから最近までの作品が展示されていますが、
特徴的なのは
1. 漆画 または 漆彫 の作品が多い事
2. 第1次及び第2次インドシナ紛争の影響を受けた作品が多い事
の2点です。

lady
「リエン嬢」 1962年
フィン・ヴァン・ガム 漆、板
これは、漆で板に描かれた作品ですが、
眺める角度によって色が異なって見え、
穏やかで綺麗な作品でした。

帰りがけに、ミュージアムショップで、
絵葉書を買いました。
ehagaki1
「遊んでいる子どもたち」 1972年
グエン・トゥ・ギエム 漆、板

奔放な造形で、子供達の楽しさが良く表されていると思います。
どうやら、戦争や、社会体制に関係の無い画題の方が私の好みの様です。

***********************************************

体重は80.5キロ

年末になると忘年会の連荘がひかえている事を思うと、
そろそろ絞っていかないと...( ̄~ ̄;)

ウー君は、相変わらず50g

************************************************

さて、仕事も終ったし、石垣島へちょっくら行ってきます。
マンタの乱舞に会えると良いなぁ。


| | Comments (61) | TrackBack (3)

夜行日記 11/18

岩国での技術発表会と、
その後の懇親会、さらには2次会を終え、
夜22時3分、岩国駅より、
寝台特急「富士」に乗車しました。

fuji
寝台特急「富士」

寝台に乗ったのは10年ぶりでしょうか。
ヘロヘロに酔っての乗車だったので、
乗ってすぐに寝てしまいましたが、
2時頃に起きて車窓を流れる
闇と所々の明かりを眺めているのは、
学生時代の旅行を思い出されて、
結構気持ちの良いものでした。

使った寝台の種類は、
B寝台の個室ソロと言って、
寝台は上下なのですが、
寝台の横のスペースが、
夫々別になっており、
少し広めのカプセルホテルと言った感じでした。

料金は、普通のB寝台と同じ。

時には寝台も良いかもね。

***********************************************

懇親会で呑みまくり、食いまくりだったので
体重は80.5キロ

ウフコックは50gです。

| | Comments (25) | TrackBack (0)

乱舞日記 11/4

11月4日(金)
西伊豆安良里ログの2日目です。

休日の合間の金曜日
空は快晴、海はベタ凪
しかもダイバーは疎らと3拍子そろったダイビング日和です。

今日はボートダイビングを2本

1本目 黄金崎
気温20℃ 水温22℃
透明度は12~15mと良好
最大水深 34.1m 平均水深 19.2m
ガイド タケさん

狙いはクダゴンベ
と言いながら、個人的にはサクラダイ狙いです。

-30mのウチワでクダゴンベを撮影
さらにサクラダイを撮っていると
体に縦線の入ったハナダイが混ざっています。

sujihanadai
「スジハナダイ」

ハナダイマニアとしては、
コレを撮影せずして何を撮りましょうか。

透明度が良く、天気も良いので、
-30mでも明るい水中世界を堪能できます。

中層にはアジの群れが流れます。

こんな小物もいました。

zeburagani
「ゼブラガニ」

その他は、レンテンヤッコ、ガラスハゼ、
ミツボシクロズズメの幼魚等々。

1時間半ほどの水面休憩の後、2本目へ。

2本目 沖の根
気温21 水温22℃
透明度は10~15m
最大水深 24.0m 平均水深 14.8m
ガイド 親方

安良里を代表するボートポイント沖の根です。
北のブイからエントリして、
時計回りに沖の根本体を廻り、
途中から西根に渡って、
また沖の根に戻り、浅場の割れ目を抜け、
今度はアジ根に行って
北のブイからエキジットするコース
まぁ沖の根の見所を1本でほぼ回ってしまいました。

これも客が2名と少なかったから出来るコース取りです。

araisokokeginnpo
「アライソコケギンポ」

hanatatu
「ハナタツ」

kazariisogincyakuebi
「カザリイソギンチャクエビ」

sakisimaminoumiusi
「サキシマミノウミウシ」

これ以外にも、ベニイザリウオ、ニシキウミウシ、
ノコギリヨウジ、ガラスハゼ等々

isaki
「イサキの群れ」

suzumedai
「スズメダイの群れ」

沖の根の中層では、
群れ同士がぶつかり合う大乱舞が見られました。

いかにも沖の根らしい、
上を見ても、下を見ても楽しめる
盛り沢山な2本目でした。

次の安良里は、恒例の年末餅つき!

その前に石垣でマンタの乱舞を見てくるぞ!!
北風よ、吹くな~!!!

***********************************************

体重は微減で、80キロ
ウフコックは50gです。


| | Comments (18) | TrackBack (0)

秋晴日記 11/3

西伊豆の安良里から、
珍しい出物が満載のお誘いがあり、
天気も上々な様なので、
突然ダイビングに行く事にしました。

DS、宿泊ともに
安良里ダイビングサービスTATSUMI
です。

朝8時に到着し、
黄金崎ビーチへ

1本目&2本目
無風、ベタ凪 
気温20℃ 水温22℃
透明度 12~15m

ガイド タケさん

細かなネタを見ながら沖のケーソンを目指します。

kokeginnpo1103
「コケギンポ 捕食中!」

garasuhaze1103
「ガラスハゼ 2匹でラブラブ」

nisikifuuraiuo1103
「ニシキフウライウオ 今シーズン初登場」

そして、今日お目当てがコレです。
himehirataizariuo1103
「ヒメヒラタイザリウオ 3年ぶりの登場」

ラブリーな彼らは8固体がいるそうです。
mijinnbenihaze1103
「ミジンベニハゼ こちらもラブラブ」

帰り道も小物三昧でした。
hanatatu1103
「ハナタツ 良く見ると綺麗」

hirenaganejirinnbou1103
「ヒレナガネジリンボウ 安良里では定番です」

そして、鯨個人としては
初めて見た魚です。
misakiubauo1103
「ミサキウバウオ ガンガゼが邪魔!」

あぁ、久しぶりに小物ダイビングに満腹でした。

***********************************************

安良里で増えた体重は80.5キロ
ウフコックは50gでした。

さぁ、減量するぞ~!


 

| | Comments (37) | TrackBack (2)

« October 2005 | Main | December 2005 »