« April 2005 | Main | June 2005 »

創作日記 5/29

コスメルから行ってから、
メキシコ料理が、マイブームです。

FAJITASの一つで、
FISH FAJITASと言うのがあります。
メキシコでも、珍しいのか、おいてない店も多いです。

使っている魚がよく分からないのですが、
手抜き料理として、
ツナ缶を使ってみました。

タマネギを炒めた中に、
フレークではなく、ブロック状のツナを入れ、
塩コショウ、すこしの醤油で味付けします。

ハードタイプのタコスシートの上に、
千切りにしたレタスと一緒に乗せて、
食べました。

美味かったで~す。
新メニューが一つ増えました。

ご馳走様でした。

************************************

体重は、78キロ
ウフコックは43g

互いに減る気配無しです。( ̄~ ̄;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

野兎日記 5/27

名古屋の仕事のデータ取りをする為、
ひたちなか市で3日間のテストを行ってきました。

ここには、以前紹介した「てまり」と言う
お好み焼き屋があります。

ちょっと良い焼酎を揃えており、
前には「山せみ」を紹介しました。

今回も、美味いのを飲んできました。

純米焼酎「野兎のはしり」

黒木本店

42度ありますので、
好みで適度に水で割って呑むと良いでしょう。
私は1:1位で美味しくいただけました。
香りの良い焼酎です。

この黒木本店は、
麦焼酎「百年の孤独」でも有名ですね。

一度お試し下さい。

****************************************

さて、この週末はお休みが取れるので、
泳ぎに行きましょう。

現在の体重は78.5キロ
う~ん、お好み焼きで太ったかな。( ̄~ ̄;)

ウフコックは43gでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

墨州日記 5/24

メキシコにいる間、
ほとんど毎日食べていたFAJITASに、
必ず付いて来るのが、
アボガドディップ「ワカモレ」です。

作り方をネットで調べてみると、
意外と簡単そうなので、
自分で作ってみました。

■材料
アボカド1個、たまねぎ1/8個、にんにく1かけ、レモン汁1/4個分位、
オリーブオイル少々、塩、こしょう
■作り方
1.にんにく、たまねぎはみじん切り。
2.アボカドを縦半分に切り、真ん中の種を取り出し、中身を取り出す。
3.ボウルにアボカドを入れ、フォークなどで荒くつぶす。
4.たまねぎ、にんにく、オリーブオイル、レモン汁を入れて和える。塩、こしょうで味を整える。

出来上がり!

トマトや、ハラペーニャを入れると本格的になります。

もっと簡単に作りたければニンニクとオリーブオイルを、
抜いてしまっても、それなりに出来ます。

混ぜるとき、ケチャップ、マヨネーズ、しょうゆ等を
隠し味程度に入れる人もいるようです。

出来上がったワカモレは、
手抜き料理なので、
出来合いのトルティーヤに、
焼き鳥と一緒にくるんで食べました。

ワカモレだけで食べると、
ちょっとレモンが強すぎた様ですが、
トルティーヤで食べると良い感じでした。

次は、自分でトルティーヤを
焼いてみようか。

***************************************

昨日は、18時間かけて、
近江八幡日帰り出張。
帰りの新幹線で、弁当、ささかま、枝豆、ビール。

体重は増えるよなぁ、78.5キロ
今週は飲む機会が多そうなので、
少し節制しなければ。( ̄~ ̄;)

ウフコックは42g
元気に回し車で疾走してます。

s-ufu170223G_edited

| | Comments (0) | TrackBack (0)

漏水日記 5/21

メキシコ紀行も終えて、
今日からblogも普通モードに戻りま~す。

メキシコから帰国以来、
ジェットコースターの様に
めまぐるしい出張生活が続いています。

長距離移動の暇つぶしと言えば、
寝るか、読書と言うことで、
昨日、近江八幡からの帰りに読んだ本を紹介します。


「Twelve Y.O.」

福井晴敏 著 講談社文庫

映画化された「終戦のローレライ」や「亡国のイージス」の
著者のデビュー作で、江戸川乱歩賞受賞作。

この人の作品を読むのは始めてなのですが、
う~ん、面白いと思う人もいるんだろうなぁ。
確かに映画や、マンガの原作としては、
良いのかも。

とにかく感情駄々漏れ、
しかもその感情が、
巨人の星並みに激しく、
しかも浅いんですよねぇ。

他の作品もこんな同様なら、
2冊目を読む必要はないですね。( ̄~ ̄;)

****************************************

さて、今週は土日も仕事。
泳ぎに行く時間が取れそうもありません。

体重は78キロ
ウフコックは43g

安定しているとも言えるが、
減って行かないとも言えるにゃぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地底日記 5/18

メキシコ<コスメル>紀行 その7ですだす。

5月7日 フェリーでコスメルからプレヤデルカルメンに移動
      7:30 フェリー乗り場集合
      8:00 コスメル出港
      9:00 プレヤデルカルメン到着

桟橋横のセニョールフロッグスの前で、
DSのガイドが待ってます。

彼の荷車(人力!)に6人分の荷物を載せて、
DSまで歩いて移動 10分位

DS「Yucatek Divers」
今日はここでセノーテダイビングです。
セノーテは地底の洞窟が陥没して出来た泉。
淡水へのエントリとなります。

この日行ったのは
「ククルカーン」「チャックモール」と名付けられた2箇所でした。

DSからセノーテまでは、車で30~40分。
車中で、ダイビングの説明があります。
もちろん英語。

到着すると、まずセノーテのほとりへ行って、
エントリ方法の説明。

セノーテは淡水なので、
ウェイトは通常より2~4キロ減らす事が出来ます。
しかしこの程度が難しく、
エントリしてから水面で再調整してから
潜行を開始します。

s-P5063160
透明度は良好 50m以上かな。
s-P5073218_edited
でも、深度-10~-13位で淡水から海水に変わり、
その混じり合った層ではケモクラインの為、
透明なままモヤモヤ状態となります。
これがなかなか気色良いです。

s-P5073171_edited
生物は日の当たるエントリ口近辺に少し魚がいるだけ。
これは「CatFish」、まぁ可愛いナマズですね。

s-P5063152
水中から地上を眺めるとこんな感じ。
光って美しいにゃぁ!
s-P5073210
途中で、エアドームに浮上。
鍾乳石が凄い!

1時間ほどのダイビングを2本。
水面休息中に、飲み物と、サンドイッチが出ました。

水温は25℃位。
5mmで大丈夫ですが、
インナーかジャケットがあれば快適ですね。

2本潜り終えDSへ車で帰ってついたのが、
午後1時頃。
カンクンへの移動のバスがお迎えに来るのは、
午後4時の予定なので、
プラヤデルカルメンの町をブラブラします。

前にも書きましたが、
ここは熱海みたいな感じの観光地です。
s-PICT1205
綺麗なビーチがあったり、
s-PICT1207
土産物屋が軒を連ねていたりね。

無線RAN繋ぎ放題のレストランもあるし、
セノーテだけじゃなく、海のダイビングや、
ジンベイ狙いのシュノーケルも出来るそうで、
コスメルまで行く必要ないかも。( ̄~ ̄;)

さて、迎えのバスでカンクンへ移動
宿泊はホテルゾーンの
「Dreams Cancun Resort & Spa」

カンクンでは、特上とは言えないホテルなのだそうですが、
私には、これで充分。
なんせ10日ぶりのバスタブでした。

s-PICT1215
夕食は「Casa Tequilla」でFAJITAS!
メキシコ最後の夜もFAJITAS!

いったい何回FAJITASを食べたかな?( ̄~ ̄;)

これで、メキシコ紀行も終わり。
さて、現実世界は仕事が待ってるぞ!

*****************************************

体重は78キロで安定飛行。
増えはしないが、減りもしないのにゃ。

ウフコックは、元気に42gです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

昼寝日記 5/16

メキシコ<コスメル>紀行 その6かな。

4月30日~5月6日の間は、
コスメルに滞在、
「The Hotel Meson San Miguel」泊です。

5月3日 午前中 2ボートダイブ
5月4日 午前中 2ボートダイブ+1ビーチダイブ
5月5日 午前中 2ボートダイブ

日本では見られない生物達
s-503FrenchAngekFish
「FrenchAngekFish」
s-503ToadFish
「ToadFish」
s-504SpanishHogFish
「SpanishHogFish」
s-505FairyBasslet
「FairyBasslet」

日本でもおなじみの生物達(たぶん)
s-503Isoginncyakumoebi
「イソギンチャクモエビ
s-503NurseShark
「NurseShark」
s-504Aoriika
「アオリイカ」

そして日本でも御馴染みの人
s-505Turtle

ビーチは、「DIVE HOUSE」がある
ホテル「FIESTAMERICANA」の前を、
セルフで潜ります。

2ボートダイブをした日は、
無料でタンク(当然充填済の新タンク)を貸してくれます。

午前中2ボートで帰ると、
ホテルに帰り着いて1時半頃。
シャワーを浴びて、昼食へ出かけるのは、
2時~2時半位でしょうか。

昼からビールとFAJITAS。
食後にアイスなんて食べ、
ホテルへ帰ると、シエスタタイム!

夜までぐっすりなんて日もありました。( ̄~ ̄;)

****************************************

今日の体重は78キロ。
ウフコックは42gです。

さて、今週は仕事がハードです。
考えただけで、疲れそう( ̄~ ̄;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

公園日記 5/15

メキシコ<コスメル>紀行 その5でごわす。

5月2日 
この日は午前中ボートダイブ2本
午後はチャンカナブ国立公園でビーチダイブ1本

午前のボートダイブは、
8時45分頃出港して、
2本潜って
1時前にダイブハウスへ帰港します。

s-s-502QueenAngelFish1
「QueenAngelFish」
綺麗なモノ見たり、
s-502Club1
「でっけ~カニ!」
大きなモノ見たり、
s-502BeltedCardinalFish1
「BeltedCardinalFish」
小さなモノ見たり、
s-502YellowStingray1
「YellowStingray」
変なカッコのモノ見たり、と盛りだくさんでした。

ダイブハウスに頼んでおいた
昼食のクラブハウスサンドイッチ12ドルを食べていると、
お迎えがやってきます。

チャンカナブ国立公園は、
ボートダイブとは、別に頼む必要があり、
チャンカナブ専用のガイドと潜ります。

見所その1 洞窟とターポン

洞窟の中には、キビナゴみたいな小魚が群れており、
その中を、でっけぇカゲが悠然と泳いでいきます。
s-502tarpon1
これが「Tarpon」です。
s-502tarpon2
銀色の巨体が大迫力!

見所その2 キリスト像、チャックモール、マリア像

水中に設置されたキリスト像を見に行きます。
s-502kurist1
まぁ、雰囲気は有るけど、一度見ればOKかな。

それより地上をうろつくイグアナ君の方が、
見てて楽しかったにゃ。
s-502iguana1

ホテルへ送ってもらうと、もう4時半
シャワーを浴びたら、さぁビールだ!

*************************************************

現実世界の自分は、
泳ぎに行った成果もあり77.5キロと、
メキシコ出発前の体重に戻ってまいりました。

このまま、ぼちぼち減らして行きましょう。
夏にはビキニが着られるか?

ウフコックは元気に42gでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

繁盛日記 5/14

メキシコ<コスメル>紀行 その4だじょ。

5月1日 コスメル滞在2日目 
午前中は、町をブラブラ

May Dayのイベントで、
行進なんか、あったりしますが、
参加者にも、全然しまりがなくって、
警察の楽隊でも、呑気な感じがメキシコやねぇ。
s-501MayDay1

さて、午後からダイビング。
指定の時間に、
ダウンタウンのダイビングショップに集合して、
そこからTAXIで10分弱の
リゾートホテル「FIESTAMERICANA」内の
DS「DIVE HOUSE」から乗船します。

「DIVE HOUSE」
s-501DiveHouse1

コスメルと言う島の東側を潜りますが、
ポイントまでは15~45分と色々です。

「Porkfish」
s-501porkfish1
綺麗な魚で、時々群れにも出くわします。

「QueenTrggerFish」
s-501QueenTriggerFish1
上品な透明感のある紫色がお気に入り。

「HorseEyeJack」
s-501HorseEyeJack1
カスミや、ギンガメほど活動的でないのは、
やっぱりメキシコだから?

「ToadFish」
s-501toadfish1
ここの固有種、紫縞のナマズ!
今回のダイビングの目玉。
ヒレの黄色い縁取りがオシャレですねぇ。

お気楽ダイビングを2本潜って、
機材はDSにあずけて、
ダウンタウンのホテルまでTAXIで帰ります。

なお、TAXI代は、DS持ち。
専用の送迎車の替わりにTAXIを活用してます。

この夜の食事は
「Prima」
s501prima
今、コスメルで一番人気のレストランかな。
行列が出来ます。

1階入り口の葉巻屋で、
葉巻1本+ビール1本セット5$を買って2階のレストランへ。

エビ、カニが上手いっす。
あぁ、また腹一杯食べてしまった( ̄~ ̄;)

*****************************************

本日の体重は78キロ
今日は、泳ぎに行って絞るぞ~!

ウフコックは42gです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

渡船日記 5/12

メキシコ<コスメル>紀行 その3で~す。

4月30日 カンクン→プレヤ・デル・カルメン ミニバスで移動 約1時間

小ぶりのバスターミナルで降車し、
土産物屋が立ち並び、
観光客で賑わう石畳の町並みを歩いて5分ばかり行くと、
プレヤ・デル・カルメンからコスメルへ渡るフェリー桟橋です。

この風景は、どこかで見た様な...
そうこれはまさに「メキシコの熱海」だ!

すると、これから渡るコスメルは、
初島か?はたまた大島か?

行ってみると分かります。
コスメルは思いっきり賑わう「江ノ島」だったのです!

あぁ、落ち着くなぁ。
日本人にとって、馴染み深い観光地。
それがコスメルだと言えるでしょう。

ちなみにコスメルの風景を、
色々と見たい方は、
F*MARTさんのblog「海と空と、、」をご覧下さい。
F*MARTさん、お世話になりました。

s-430PlazaLeza1
「PlazaLeza」

さて、昼食をコスメルのレストラン「PlazaLeza」で食べて、
午後は、いよいよダイビング!

s-430greatbarracuda1
「Great Barracuda」
バラは見かけますが、老成魚が1~2匹で、群れは居ない様です。

s-430YellowStingray1
「Yellow Stingray」
このエイも良く見かけます。
マダラ模様が可愛いです。

s-430otosigo1
「タツノオトシゴ?」
デカ過ぎ!

透明度は思った程良くはないので、
ちょっと肩透かしを食らった感じでした。

********************************************

さてさて、本日の体重は78キロ。
順調に、元に戻りつつあり、ホっとしています。

このまま、減量モードへ再突入か?

ウフコックは相変わらず元気に、
回し車で走っています。
体重は42gです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

遺跡日記 5/10

メキシコ<コスメル>紀行 その2

4月29日  8:30AM アトランタ発 DL0406便
4月29日 10:06AM カンクン着

ついにメキシコ到着。
ところがここで、トラブル発生!
私のスーツケースがロストです。( ̄~ ̄;)

すべての荷物が引き取られ、
空港係員にロストを告げると、
デルタ航空の人間が来るまで、
少し待てと言います。

待つこと15分位でしょうか、
やって来たデルタ航空の係員が
おもむろに取り出したリストには、
すでに私の荷物がアトランタ空港に取り残された事、
さらに次の便でカンクンへ送ってくる事が、
プリントアウトされています。

あらかじめ分かっているなら、
人を待たせずに、フライト中にでも、
報告に来い!
デルタ航空の馬鹿たれ!!

荷物は午後にホテルへ持ってきてもらう事で、
とりあえず出発します。

旅行会社手配のミニバスでホテルへ。
荷物を部屋へ入れると、
チチェン・イッツァ観光のバスが、
迎えに来ます。

チチェン・イッツァ
7世紀頃にもっとも栄えたマヤ文明後期の大都市
世界遺産

カンクンから車で2時間少々。
その行程のほとんどが高速道路で、
綺麗に舗装された道なので楽に乗って行けます。

到着して驚くのが、
広いバス駐車場と、
近代的な遺跡のエントランスです。

s-429entrance1

s-429board1

エントランスから5分ほど歩くと遺跡のメイン広場へやってきます。

エルカスティージョ「ククルカンの神殿」
s-429kukurukan1

30年前から興味を持っていたマヤの遺跡を、
本当に見ることができた瞬間でした。

「ジャガーのレリーフ」
s-429juager1

「天文台」
s-429tennmonndai1

青く、そして乾燥しきった空に、
ジャングルから聳え立つマヤの遺跡は、
美しかった!

今回のメキシコツアーで、
一番の目的だったのですが、
天候に恵まれて良かった!

しかし、日差しは暑いのですが、
日陰に入ると過ごしやすいので苦になりません。

あぁ、また来れる日があると良いなぁ!

ここで、お土産3品購入
石を彫ったチェス盤+駒 160ペソ
Tシャツ 70ペソ
マヤのカレンダー(自分の誕生日を書いてもらう) 300ペソ

遺跡の近くのレストランで夕食を食べてカンクンへ戻ります。
カンクン到着夜8時半頃でした。

ホテルの部屋へ戻ると、
デルタ航空でロストした荷物が届いており、
一安心でした。(´-`).。oO

シャワーの後、ダウンタウンのレストランで軽く一杯。
のつもりだったのですが、
少しだと思ってたのんだ料理の多い事!

1人1品では、多すぎる!
しかし、旅行の最後には、
それが食べられる様になってしまう( ̄~ ̄;)

あぁ、これがデブへの道なのでした。

**************************************

昨日から、禁酒。節煙、減食生活に戻して、
今日の体重は、79.5キロ。

うむうむ、80キロ台からすんなり出来て一安心。

ウフコックは42gでした。


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

入国日記 5/9

メキシコはコスメルから帰り着きました。
なが~い旅でしたが、
自分が行くと思っても見なかった所への旅でした。

今日から数回、旅を振り返って行きます。
お付き合い下さい。

4月28日 15:30PM 成田発 DL0056便 
4月28日 15:05PM アトランタ着

アトランタの空港は、
始めて使う人は、大分迷いそうです。

着陸後、まずは入国審査(イミグレーション)
そして預かり荷物の引き取り、通関までは、
大抵の国と同じなのですが、
その後、再び預かり荷物を、
係員に渡してしまいます。

そして手荷物検査及び当人の検査ゲート通過!
そう、飛行機に乗る前に行った検査を、
飛行機を降りた後、入国前に再度行うのです。

それから、地下のシャトルにのって、
荷物ターミナルへ移動。
荷物ターミナルで再度、
預かり荷物を引き取って
ようやっと空港外へ出て行けるのです。

迷うは、戸惑うは、1人だったら、
パニックだったかも?( ̄~ ̄;)

***************************************

さて、日本へ帰ってきて体重は...
恐ろしい事に、81キロ!!!

昨年12月以来の80キロ台!
あぁ、今日からまた減量の日々だぁ。

なお、日本でお留守番をしていた
ウフコックは42g!!

こっちも、少し減量でしょうか。

***************************************

今日はまだ、画像を取り込んでいないので、
旅行記の続きは、また明日。

ではでは。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »