« March 2005 | Main | May 2005 »

旅立日記 4/28

さてさて、本日より12連休。
メキシコはコスメルへ、
行ってまいります。

マヤのチチェン・イッツァ遺跡や、
大西洋の海は、
私をどう迎えてくれるでしょうか?

***********************************************

まずはアトランタまでのフライト、
約12時間。( ̄~ ̄;)

何よりも、これが嫌!
シンガや、クアラまでの7時間でさえ、
拷問なのにねぇ。

とは言っても、かかる時間はかかるのですから、
何か暇つぶしをと、
何冊か本を買い込んだのですが、
これは、出発前に読んでしまいました。

出だしだけと思って、
読み始めたら、
面白くって文庫上下2冊を、
一気に読み切ってしまいました。

「蚊トンボ白鬚の冒険」 上・下

藤原伊織 著 講談社文庫

一番最初の設定は、
SF?です。

なんせ、カラスに追われた蚊トンボが、
主人公の頭の中に逃げ込んでしまう。
すると、なぜか蚊トンボは自我に目覚めて、
名前は持つは、主人公の筋力を、
急激に強化できる様になるは...

荒唐無稽でしょ。
でも、その設定の上で展開されるストーリーは、
ハードボイルドです。

主人公の真っ直ぐな男らしさに引き込まれます。
ご一読あれ。

***********************************************

出発前の体重測定。
家主は、78.5キロ。
ウフコックは45g!

2人ともデブってますねぇ。

12日後にどうなっているでしょう?

あぁ、blogの更新は、
たぶんしないと思います。
次は5月9日。

では、行ってきま~す。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

女神日記 4/26

GW直前のお楽しみ!

「中島みゆきツアー2005!」
miyuki

東京国際フォーラムAホール、
千秋楽へ行ってきました。

オープニングは「最後の女神」
そしてMC第一声は「おこんばんは~!」
あぁ、オールナイトニッポン以来
変わらぬ中島みゆきさんでした。

泣いた、笑った、楽しかった!
2時間40分では、短いよ~。
もっと、もっと楽しみたかったなぁ。

***************************************

さぁ、あと一日働けばGW突入!
明日は大阪日帰り出張です。

体重は78.5キロ
ウフコックは42g

メキシコでは体重は増えるか?減るか?
タコスの食いすぎに注意か?( ̄~ ̄;)


| | Comments (57) | TrackBack (0)

準備日記 4/24

久しぶりに土日とまとめて暇になり、
土曜日は水泳、日曜日はwalk aboutと、
体を攻めてみたら、
いきなりあちらこちらが、
悲鳴を上げております。

今日の歩き回りは、
今まで行った事のない
千葉大医学部の裏手の方へ、
足を踏み入れてみました。

車が走れない、
木立の中の階段やら、
お墓やらの中を、
半分迷いながら歩いていると、
色々珍しいモノに出会います。

「古い浄水場の塔」
jyousuijyo

「最近は見られない1本モノの高圧鉄塔」
kouatusen

映画のロケハンにでも行ったような気分でした。

****************************************

GWのメキシコ行きも、
間近になったので、
準備を始めたのですが、
なぜか、今回はスーツケースが、
普通に閉まるのです。( ̄~ ̄;)

いつもなら、一度トライして、
あまりに無理矢理なので、
荷物を減らして、
ようやっと閉まるのに...。

何か忘れているんではないかと不安じゃぁ。

****************************************

体重は、昨日の水泳と、今日の歩き回りで、
77.5キロと平常値に戻りました。

ウフコックは42gと最大体重を更新。
すこしエサを制限した方が良いかも。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

焼売日記 4/21

今日は、滋賀での仕事の中間検査でした。
この仕事は、鹿島建設が元請で、
わが社は、機械設備を鹿島から受注した1次下請けになります。

その元請鹿島建設の検査を受けました。
現場事務所の人間ではなく、
本社から検査部門と、設計部門の人間がやって来て、
事細かに見て行きます。

さすが、スーパーゼネコンと感心するのは、
検査の人間は、現場の金勘定と関係なく、
品質の評価を行っていくところ。

やって来る検査の人間も、
短時間で、細かい事を見逃さず、
きっちり検査していきます。

鹿島建設の底力を感じた一日でした。

*************************************

まぁ、そんな検査を受け、
ヘロヘロになって東京駅に帰り着いたのは、
夜の9時。

さて、晩飯を如何しようかと考えながら、
歩いていて目に留まり、
思わず買ってしまったのが、これです。

「シュウマイ弁当」 710円

崎陽軒

なんと710円!
1000円が当たり前の駅弁で、
この安さと、この中身!

30年以上もこのお弁当の大ファンなのです。
あぁ、満足、満足!

************************************************

体重は、名古屋で食べた手羽先とドテのせいか、78キロ
高止まりの傾向が見えるのは、困ったものです。

ウフコックは40g?

う~む、同居人ともども、
ちと警戒せねば。( ̄~ ̄;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

吟遊日記 4/18

4月16日 高田渡さんが逝去されました。
酒と歌の56年間が終わりました。

「自衛隊に入ろう」

作詞:高田 渡
作曲:M・レイノルズ

1.みなさん方の中に
  自衛隊に入りたい方はいませんか
  ひとはたあげたい人はいませんか
  自衛隊じゃ人材もとめています
  ※自衛隊に入ろう 入ろう 入ろう
   自衛隊に入ればこの世は天国
   男の中の男はみんな
   自衛隊に入って花と散る

2.スポーツをやりたい人いたら
  いつでも自衛隊におこし下さい
  ヤリでも鉄砲でもありますよ
  とにかく体が資本です
  ※(くりかえし)

3.鉄砲や戦車や飛行機に
  興味をもっている方は
  自衛隊にいつでもおこし下さい
  手とり足とりおしえます
  ※(くりかえし)

4.日本の平和を守るためにゃ
  鉄砲やロケットがいりますよ
  アメリカさんにも手伝ってもらい
  悪いソ連や中国をやっつけましょう
  ※(くりかえし)

5.自衛隊じゃ人材求めています
  年齢 学歴 問いません
  祖国のためならどこまでも
  素直な人を求めます
  ※(くりかえし)

  いつまでもつづけよう
  どんなに海が汚れても
  永遠(とわ)に栄えあれこのきずな
  日米安全保障条約

30年以上も前のこの歌の意味が、
今もそのまま風刺として通用するって事が、
日本の問題だと思います。

ご冥福をお祈りします。

*****************************************

この記事は、
す☆れれさんのblog「物欲的日常」への
Track-Backです。
す☆れれさん、ありがとうございました。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

開発日記 4/17

私の住む蘇我と言う町は、
旧川崎製鉄(現JFE)の城下町でした。
大工場以外に、川鉄病院やら、
川鉄体育館やらがあります。
しかし業務再編に伴って、
千葉市からの借地を返却しました。
その跡地が再開発され、
この4月27日に一部オープンになります。

「蘇我臨海開発計画」

この手の自治体お手盛りの大規模再開発のすべてに、
バラ色の未来が待っているとは限らない訳ですが、
あまりに我が身の近くにできるので、
そこそこ上手くは行って欲しいものです。

もっとも、今からでも想像出来るのが、
交通渋滞です。

この開発地域がタダでさえ渋滞のひどい
R14に面しているのに、
開発地域への車の出入りに、
工夫がまったく見えません。

まぁ、私は歩いて行ける距離なので
出来上がったら、徒歩で見に行ってみましょう。

*****************************************

体重は、名古屋遠征でやっぱり増え、78キロ。
手羽先が美味かったんだよねぇ。

今週も行くんだよね。
また食べちゃうんだろうな。( ̄~ ̄;)

ウフコックは40g
こいつも増えてます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

入学日記 4/14

前にこのblogで紹介した本の続巻が早くも登場です。

毎日かあさん2 -お入学編-

西原りえこ

もちろん本編も、面白いのですが、
巻末の石原のしんちゃんとの
対談も結構いけます。

あぁ、この毎日かあさんの新作は、
ここで見ることが出来ま~す。

しかし、りえぞうのこの作品が
「文化庁メディア芸術祭受賞作」
ってぇのは、納得いかにゃいなぁ。

まぁ、りえぞうは貰えるなら、
断らないだろうね。( ̄~ ̄;)

***************************************

体重は77.5キロへ戻ってきました。

今夜、名古屋で宴会すると、
また増えるんだろうな( ̄~ ̄;)

ウフコックはあいもかわらずの38gです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

覚醒日記 4/12

いやいや、この目覚ましには笑かしてもらいました。(^_^)/

「クロッキー(Clocky)」

スヌーズ・ボタンを押されると、
自分で走り出して逃げ出す目覚まし時計なんだって。
しかも、逃げる距離は毎回違うんだって。

MITでいったい何を研究しているんだかねぇ。

この記事はmokeさんのblog
「Love_moco」へのTrack-Backでした。
mokeさん、ありがと~!

***********************************************

さて、体重は78キロ
徐々に戻りつつあります。

宴会で増えた体重を、
普段の生活で元に戻す繰り返しか。
う~ん、あまり芳しくないなぁ。( ̄~ ̄;)

ウフコックは38gで変わらず。
君の運動量は凄いぞ!ウフコック!


| | Comments (2) | TrackBack (1)

花見日記 4/10

昨日は、駒沢公園で、お花見。
結構な人波でしたねぇ。

050409_170201

050409_172401

快晴!
思わず日焼け止めを塗ってしまいました。

夕方からは、INOX亭に移動して、
ご馳走になりました。

あぁ、食べ散らかし、呑み散らかし、
ご迷惑おかけしました。

****************************************

体重は、ぬぁんと!79キロ!( ̄~ ̄;)
重いぞ!

ウフコックは、あいも変わらず38グラムでした。

****************************************

なんか、毎週日曜日は、
宴会報告になってるなぁ。

| | Comments (54) | TrackBack (1)

嗜好日記 4/6

ウフコックの主食を、
ヒマワリの種を中心としたモノから、
合成飼料中心のモノへ変えてみた。

結果は、大不評。( ̄~ ̄;)

木の実の部分は食べるのだが、
合成飼料のペレットが、
ほとんど手付かずで、残っています。

こちらの方が、栄養のバランスが
良さそうだと思ったんだけど、
食べないんじゃしょうがない。

元のヒマタネ中心のエサに戻しましょう。

「本とウフ」
hontoufu

「猫とウフ」
nekotoufu

可愛いのぉ。

*********************************************

昨晩は、新プロジェクトのメンバーと、
新橋で酒盛り。

77キロに戻っていた体重が、
78キロに増加。

ウフコックは38g

| | Comments (6) | TrackBack (0)

開口日記 4/3

昨晩は、FDIVINGのマリンダイビングフェアオフ
会場は、サンシャインシティプリンスB1Fの「バイエルン」


高級バイキングで、
蟹、海老、蟹、蟹、海老、海老、そして牛、
また蟹と攻めて、もう腹一杯です。
最後にアイス、メロン、アイス、メロン、アイスで、
カロリーは通常の3日分位食べたでしょうか。( ̄~ ̄;)

会場の入り口では、
机さんは愛犬、す☆れれさんは愛猫「ウェンディ&アル」
そして私はウフコックの写真を携帯で見せっこすると言う、
微笑ましい光景もありました。

**********************************************

今日の滋賀休日出張から帰ってくると、
体重は...なんと...78.5キロ!

しばらく節制生活です。
77キロに戻るのは何時だろう?

今週は、名古屋の連中との飲み会もあるし、
来週末は花見だしなぁ。

| | Comments (1) | TrackBack (3)

開店日記 4/1

知人、友人にも秘密にして来たのですが、
会社を辞める事にしました。

実は、裏で、店を開く準備をすすめてきました。
そして、本日無事オープン致しました。

kanbannkujiratei

中国料理「鯨亭」
中華をベースにした創作料理が主で、
ゆっくりお酒も呑める店になっています。

場所は、東京の恵比寿です。
とりあえず本日は、売り上げ目標を達成し、
料理長と、祝杯を上げてます。

今日から私を「オーナー」と呼んで下さい。

*****************************************

体重は、77.5キロ
ウフコックは39グラム


筋トレをサボらない様、努力します。

*****************************************

ちなみに、本日は...4月1日。


冗談に騙されない様にして下さい。( ̄~ ̄;)

上の看板は、名古屋に実在するお店です。


| | Comments (6) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »